2017年4月9日(日)
マントラ『オーム』について学び、体験する

メディテーションワークショップ
無事に開催することができました☆

アーサナと、呼吸法の後、
無音の室内で過ぎる瞑想の時間が、
この上なく穏やかな空間に感じられて、
時々外から聞こえてくる車やバイクのエンジン音が耳に入っても、
変わらない静かな感覚が、
穏やかだったなぁと、今になって改めて思い出していました。

今回はご参加いただいた皆様に
アンケートにご協力いただきました。
ありがとうございますm(__)m
アンケートの「ワークショップの感想」などについて
匿名でご紹介させていただきます☆

 

 

 



「瞑想をやると雑念ばかりが浮かんでいたが、今回はあまり雑念がわかなかった。
マントラを唱えると、雑念にとらわれなくなりやすいので、いい方法を知ってよかった。」
(M.T.さん)


Mさん
頭の中を静かにしようと思っても、思いは色々と浮かんできますよね。
色々と浮かんでくる自分もそのまま許すように、受け止めた思いを見送ったら
また呼吸やマントラに戻って・・・その繰り返しでも良いかなと思います(^^)/
その日その時の自分を知るように。ヨガってその練習でもあるので。
マントラを用いることでの自身の内側の変化を体感されたようなので、
これからのヨガの時間や日常の中で、ぜひまた活かしてみてくださいね☆


「初めてオームについて学ぶことができました。
瞑想時、オームと唱えることを忘れていて、ボーっとする時間があった。
また雑念も浮かぶ時もあり、まだまだ本質には遠いのかもしれない。
楽しかったデス!!」(A.Hさん)

Aさん
瞑想のクラスは初体験でしたね(^^)
ボーっとするような感覚も、その途中で思いがふと浮かんでくる様子も
今回の良い体験にしていただけたのではと思います。
浮かんでくる思いや揺れる心、それを素直に感じ、気づく力がヨガでは大切になると思います。

内なる声に気付いていく経験ができた自分自身を、どうぞ褒めてくださいね☆


「時間は長く感じなかったが、色々な事を浮かんでは消え・・・
整えるということ 不思議な感じ 指がつないでいるかどうかの感じもわからなくなった
初めての体験
前回は唱えることで雑念をとばすことに集中した感じだが、今日は少し違った」(K.K.さん)

Kさん
瞑想のクラスも、もう幾らか慣れてきた感じではないでしょうか?
マントラを唱えてそれに集中するような感覚も、浮かんでは消える思いも、
体の感覚が変わってしまうような変化も、どれもKさんの体験で、
それをそのまま感じている様子が素敵だなぁと感じました☆ヨガが大好きだとお話されていたから、
私もとてもうれしかったです。頭がいっぱいの時には、マントラを使う瞑想また試してみてくださいね(^^)/

「マントラを唱えている最初は、雑念も多かったのですが、途中から雑念が消えたのか無になれて

不思議な気持ちになりました。
シャヴァ・アーサナ後はすっきりした気持ちになりました。」(S.N.さん)

Sさん
朝のクラスに来ていただいた時に、
普段のお仕事の忙しさや、ヨガのレッスンの後の体の変化をお話ししてくださっていて、
きっとお疲れなのだろうなと感じていましたが、
瞑想の時間の自身の様子もまた、穏やかに過ごされていたようで何よりでした(^^)/
お体に気を付けて、そして内なる声に耳を傾けながらこれから更に輝いていくように
お仕事頑張ってくださいね☆


「もし、今後、インストラクターとして活躍する時が来たら、OMを唱えまくろうと思います!!
自分なりに教えてもらった本を読んで深めてみたい。自分のものにしたい。
と思っています。すてきなキッカケをありがとうございます♡」(K.U.さん)

Kさん
オームの意味を含め、ヨガの哲学も、共感してもらえたこと私もすごくうれしかったです。
Kさんが感じて、解釈したヨガへのリスペクトを、Kさんの周りの人へこれから伝えていってくださいね(^^)/ 

参加してくれて、本当にありがとう☆


マントラは、
自身の本質に近づいていくための一つのツール。

ストレス過多な現代に生きる私達は
頭の中にいつもモヤモヤとしたものがあり、
そのモヤモヤが、
内側に既に内在する本質を覆い隠してしまう。

『本質』とは、内在する神聖さ、宇宙と繋がる自分自身を指し、
そして人の本質とは本来、愛や幸せそのものであると
ヨガの神様は言います。

自分だけの輝き、自分にしかない可能性、それに気付いていく智慧が
ヨガの教えの中に説かれていて、
生きていると色々な出来事がありますが、
幸せを感じ感謝の気持ちでいっぱいの時も
苦難の中でもがいている時にも
あなたを導く『内なる声』に気付いてい行く力を培いましょう。
内なる声に耳を傾け、
愛や慈しみの力を育みましょう。

『オーム』というマントラを使った瞑想の時間
実際に体験してみて
皆さんそれぞれに感じたことがあったようで
何よりでした。
『オーム』について
または、瞑想について、
感じ、理解したことを
周りにいる誰かにも、機会があれば伝えてあげてみてください。
日々の中に、活かしてみてください。

ご参加いただいたみなさん、
すてきな時間を、ありがとうございました♥

マントラ『オーム』について学び体験するメディテーションワークショップ

 

 

 マントラ『オーム』について学び体験するメディテーションワークショップ〉

 

ヨガの代表的なマントラ「オーム(AUM)」は

一番短くて身近なマントラで、

「聖音」または「真言」とも言われます。

 

ヨガのクラスの始まりと終わりでこの音を唱えたり、

瞑想の時にこの音を頭の中で唱えたりします。

聖音「オーム」は、「意味を持たない音」とも説明されていますが

この「オーム」を唱えることには、どのような意味や目的があり、

それによってどのような効果(体験)が得られるのでしょう?

 

このクラスでは 

マントラ「オーム(AUM)」について学び、

その後、マントラオームを用いたメディテーション(瞑想)のクラスを 体験していただきます。

瞑想のクラスがまだ慣れていない、または初めてという方にも

できるだけわかりやすくガイドしていきたいと思います☆

 

 

対象

・「オーム」について知りたい、学びを深めたいという方

・「オーム」を用いた基本的な瞑想の実践方法を体験したいという方

・インストラクターとしてヨガを伝え初めたばかりで、 「オーム」というマントラについてまだよくわからない、

・マントラのクラスの中での取り入れ方がよくわからないという方

・瞑想に興味がある方

・日頃からヨガを実践している方

 

 

 

※WSテキスト参考、引用文献

・『ハタヨガの真髄』/B.K.S.アイアンガー

・『インテグラル・ヨーガ パタンジャリのヨーガ・スートラ』/スワミ・サッチダーナンダ

・『神の詩 バガバッド・ギーター』/田中嫺玉

・『いーしゅわら―や なまは』/チェータナ

・『実践 ヨーガ療法』/木村慧心

・『ウパニシャッド』/辻直四郎

・『インド神話』/上村勝彦

 

開催日時:2017年4月9日(日) 

 17:00~19:00(2時間)

※座学のあとアーサナ、呼吸法、瞑想の時間と進めていきます。

 

場所:ヨガスタジオkula

(JR川崎駅より徒歩7分 http://yogakula.jp

 

参加費:3000円(マット代込)

 

定員:20名(最少催行人数5名)

 

持参していただくもの ・動いやすい服装・お飲物 ・筆記用具 ・汗を拭けるタオル 等

 

お申込み期限:開催が決定いたしました!引き続きご予約承ります☆

 

 

担当インストラクター:shoko  

 

ヨガジェネレーション主催RYT200時間TTC東京5期 2013年卒業

 

※最近TTを卒業したばかりーなんて方にも、

もし興味を持っていただけるようでしたら

気軽に来ていただきたいななんて思います(・∀・)

 

 

私が尊敬する先生方からこれまでに学びを頂いたことと

私自身がヨガ哲学に関して文献などから学んだことを合わせて

オームというマントラについてお伝えします。

 

私の普段のクラスの中でお伝えすることと重なるところもあって インドへ行ったこともなく、

ごく普通の私にお伝えできる内容ではありますが(^^;

ワークショップテキスト引用、参考文献のご紹介も入れながら

できるだけわかりやすく、お伝えできたらなと思います。

 

参加された方がその後の日々の中で

オームというマントラをより身近に感じられるきっかけにできるような ワークショップにしたいなと思います☆